國內的日語學習者經常會遇見日語學習的一個“死角”——那就是場景的問題。

何謂場景?這是日語會話的環境。國內日語學習者因為沒有去過日本,所以,造成了對會話所存在的環境,極為不熟,於是也造成了聽力上很難把握語言的準確性。因此,我們在這裏討論一下如何解決這個難題。

1.首先必須掌握場景單詞

按照場景,將場景單詞整理出來。比如車站,你就必須知道:切符売り場定期券売り場、みどりの窓口、改札口入口出口、清算所、プラットホーム白線線路時刻表売店通路地下道コインロッカー等單詞。(更多聽力場景詞彙>>

然後,在將這些單詞組成文章。以下為例:

チンさんは友達の住んでいる長野県の松本へ行くことになりました。
大久保駅のみどりの窓口で松本行きの特急の指定席券を申し込みました。
運良く、1時間後の新宿発の指定席特急券がとれて、乗車券と一緒に買いました。
改札口で券を見せると、駅員は乗車券だけにはさみを入れました。
新宿に着くと、まず列車の時刻表を見て、列車の発車の時刻とホームを確かめました。
それからお土産を買うために切符を見せて、出口からいったん出ました。
そして荷物が重いのでコインロッカーに荷物を入れ、新宿の買い物をしました。
お土産を買って、また改札口をぬけ、通路を通って中央線下り1番線ホームへ行きました。
列車はまだホームに入っていませんでした。
時間がまだあったので、売店で週刊誌を買いました。
しばらくすると、アナウンスがあり、列車が入ってきました。
座席番號を見て指定席に座ると、まもなく発車のベルが鳴り、列車は動き出し生ました。

文章中的劃線部分,是這些單詞的使用,以及在車站中經常使用的通用單詞。因此,通過單詞歸類,在將這些單詞組成文章進行有效的記憶,對場景的熟悉非常有幫助。對場景單詞熟悉之後,就會在這個場景的時候,很快地對這個場景的常用單詞迅速地做出反應,對把握聽力的準確性非常有用。

2.經常觀看日語原版電視劇或者電視

經常觀看日本電視劇以及日語電視。看的時候經常進行對比或者錄像,通過多次的比較,弄懂每一個單詞,已經單詞使用的場景。久而久之反應就會加快。

3.熟悉日本人發音的音調

經常性地練習聽力的過程中,不要僅僅為聽而聽,聽的時間長,不一定對聽力就有幫助。而是要經常地琢磨日本人發音的音調。

4.掌握日本人會話的習慣用法

日語中會話文和書寫文的語法有很大差別。很多學員學習的是書寫文體,因此一旦接觸到會話文體,就很難理解。而造成聽力低下。因此,熟悉會話文體,是聽力的關鍵問題。

5.掌握日本人説話的速度

在聽説的時候儘量熟悉日本人説話的速度,並且習慣這種速度。